洗顔フォームと石けん選ぶならどっち?肌に優しい洗顔を選ぼう!

 

洗顔に使うのは洗顔フォームと思いがちですが、お肌のことを考えて『洗顔は石けん派』という方たちが増えています。

 

石けんは何となく肌にも環境にも優しいというイメージがあり、オーガニックにこだわっている人は、石けんを選ぶことも多いそうです。

 

でも、本当に石けんで洗顔することは、肌にとって良いことなのでしょうか?そもそも、洗顔フォームと石けんの違いは何なのでしょうか?

 

 

洗顔フォームと石けんの違いはコレ!

洗顔フォームと石けんは、どちらも肌をを洗うために使うのだから、根本的な違いはなさそうですが、実は泡立て洗浄するための成分がまったく違います

 

洗顔フォームは合成洗剤!?

 

洗顔フォームを泡立たせ、洗浄するために使用されている成分は、『合成界面活性剤』です。

 

合成界面活性剤が使われているのは、台所用の合成洗剤も同じです。

 

分かりやすく言うと、洗顔フォームは合成洗剤を洗顔用に各メーカーが工夫をこらしたものと言えます。

 

合成洗剤で顔を洗っているとすると、お肌に優しそうなイメージはなかなか沸きにくいですね。

 

一方、石けんに使われている泡立たせる素となるものは、石けん素地と呼ばれるものです。

 

 

原料には、牛脂、ヤシ油、パーム油、パーム核油、オリーブ油など、動物や植物から採れる天然油脂や脂肪酸が用いられています。

 

それでは、合成界面活性剤の原料はと言うと、石油や天然油脂です。石油でできたものを肌に使うのは少し抵抗がありますね。

 

ですが、最近は合成界面活性剤も天然油脂が使われている製品が多いです。

 

しかし、石けんと大きく異なる点は、合成界面活性剤を作るためには化学反応を繰り返して作る必要があるということです。

 

そのため、古来より使われてきた石けんとは違い、合成界面活性剤の成分は、結果的には自然界に存在する物質とはかけ離れた成分となっています。

 

石けんと合成洗剤の見分け方

 

では、固形石けんのように見た目から判断が付きやすいものは良いのですが、その洗浄剤が合成洗剤なのか、石けんなのかを知るためには、どのようなポイントで見分ければ良いのでしょうか?

 

例えば、台所用洗剤や洗濯用洗剤には、その洗剤が『合成』なのか『石けん』なのかが品質表示に明記されています。

 

なので、品質表示を見ればすぐにどちらなのか判断が付きますね。

 

しかし、洗剤フォームの場合は化粧品に分類されるため、仮に中身が台所用の合成洗剤とまったく同じものでも、『合成洗剤』とは書かれていません

 

この時、手がかりとなるのが成分表示です。合成洗剤か石けんなのかが分からないときには、ラベルの成分を確認してください。

 

成分に『石ケン』の文字が入っていれば『石けん』、なければ『合成洗剤』の類と見てほぼ間違いありません。

 

 

実際に肌に良いのはどっち?

 

イメージ的に、合成洗剤は肌に良くなさそうですが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

お肌に良いのは石けん

結論から言ってしまうと、実際にも石けんの方が肌に優しいと言えるようです。

 

顔を洗うのは洗顔フォーム、手を洗うのはハンドソープ、体を洗うのはボディーソープ…と、近頃は身近に固形石けんのない生活を送っている方も多いかと思います。

 

石けんは置いておくと溶けるし、チューブやボトルに入っている方がサッと使えて便利です。

 

ただ、その便利さと引き換えに、肌に強過ぎる負担を与えてしまっている可能性があります。

 

石けんが肌に良いのは知っているけど、洗い上がりのつっぱり感が気になるという理由で、石けんを選んでいない場合もあるかもしれません。

 

石けんはもちろん全身に使えますが、つっぱり感が気になったり、敏感肌乾燥肌だという方には、保湿成分をたっぷり含んだ『洗顔用石けん』がおすすめです。

 

どんな洗顔フォームを使っても肌が荒れてしまうという方は、一度洗顔用石けんを試されてみてはいかがでしょうか?肌に優しくしっとりとした洗い上がりが期待できます。

 

洗顔用石けんを選ぶときは、職人の手作業により作られる『枠練り製法』のものを選ぶと、美容成分が高配合されているので、より美肌に効果的です。

 

あとは、泡立ちが良く泡のキメが細かいものを選ぶと、毛穴の汚れまで吸着し、毛穴を目立たなくさせる作用もあります。

 

石けんは優しいけれど、意外と洗浄力のあるものもあり、洗浄力の面でもなかなかあなどれません。

 

石けんを使ったことがないという方や、体には使うけど、顔は何となく洗顔フォームという方は、自分に合ったタイプの洗顔用石けんを探してみるのも良いと思います。

 

お肌に必要な水分や油分は残しつつ、ふんわりとした泡で汚れを流し出すように洗ってくれる洗顔用石けんを選びましょう。

 

実際に使った私のおすすめは洗顔石けんのこれ!